カテゴリー別アーカイブ:

【鍔】(銘)野村正英(花押)”沢瀉図”

0785

鍔の最上位としてまた献上鍔として最高の格高い赤銅無垢地に魚子地を撒き散らした鍔は大名家の注文作品である事が多く、この作者である野村正英は蜂須賀家の御膝元である、阿波徳島住で秀五郎といい、野村正光の子で野村家の七代目である […]

【鍔】無銘(西垣)”桐図透”

0784

耳全体から鍔中心まで伸びやかな木の幹の丸みを帯びた鉄味の良いネットリとした透かしは樹木が持つ潤い感が表現されており、三つの堂々とした桐図は誇らしく堂々と雅であり、肥後西垣家流の美意識を表現しており、典型作であり代表作と云 […]

【鍔】無銘(京透)”文銅繋透図”

0776

ほぼ完璧な保存状態に麗しい鉄味が素晴らしく、良質な鉄を心ゆくまで堪能出来、そして透かしの線を一本一本目で追うと非常に複雑な構図に丸みを帯びた透かしの線が鏨で透かした技法を証明しており、そして耳の状態の良い点、普段の京透か […]

【鍔】無銘(平安城)”菊花透”

0770

応仁鍔や早乙女鍔にも通じる味わいがあり、古雅な切羽台、透かしの線は一本一本、鏨で透かした形跡が感じられ、耳回りに施された平安城象嵌がまた品が良く、都の雅な文化を感じられ、桃山期と見て良いであろう、美しい平安城鍔である。 […]

【鍔】無銘(古甲冑師)”輪宝透”

0761

良くこの状態で現代まで伝わった事を先人に感謝したくなる古鍔の名品で、数ある古甲冑師鍔の中でもここまで鉄鎚目地が美しいと感じたのは初めてに近い程、地金の景色が素晴らしくまた細い線の一本一本、丸線の細さの曲美、長いこの鍔の歴 […]

【鍔】無銘(林藤八)”竹透図”

0758

鍔全体で竹を表現しており、伸びやかで優雅な竹葉に水墨画の様な繊細な毛彫りの線、全体的に透かしの線が丸みを帯びた技法は肥後金工大家の初代林又七のそれを踏襲しており、まるで竹葉と幹が丸みを帯びて立体的に浮き上がっているように […]