【刀】(銘)越後守包貞

0868Echigohoutei

0868-1

0868-2

0868-3

二代越後守包貞の長寸の覇気溢れた刀剣である。刀剣愛好家は一度は所有した事があるであろう、上々作の有名工で江戸期の刀剣文化を代表する刀工である。

大業物に分類し、特に晩年の助廣のような濤欄刃が有名であるが、この作品は完全な濤欄刃になる直前の作で、所々濤欄刃と丸月を焼き、個性的な箱刃や典型的な丁子刃と二代包貞の特徴が全て表れており、典型作且つ、代表作ともいえるだろう。 また長寸の地と刃は一点の緩みも無く、覇気堂々、美術刀剣としても典型な作といえる。

長さ:二尺五寸三分半 元幅3,15cm 先幅2,0cm 重ね0,8cm

附:特別保存刀剣鑑定書 白鞘入り

価格:220万円