カテゴリー別アーカイブ:

【鍔】無銘(尾張)”雁金透”

0795

雁がとても線太く力強く表現されており、また群集に切羽台の回りを取り囲みとても賑やかで、菊花耳は一段華やかさを加えており、重ねタップリある為、とても尾張らしく力強い鍔である。 大きさ:(縦)7,73cm (横)7,7cm  […]

【鍔】無銘(古正阿弥)”四方茗荷透”

0794

どっしりとぶてっとした切羽台、皮の薄い線の両櫃穴、大振りで堂々とした造り込みに茗荷図の先をひねって図案化した意匠、そして保存状態の良さや鉄鍛味のネットリとした潤いを含んだ鉄味、古正阿弥の作品と極められており、名鍔である。 […]

【鍔】無銘(京透)”杜若雁金透”

0792

誰もが一見して京透であると分かる程、代表的な図案と作品である。 普段より少し大きい作品である為、縦に伸びやかな切羽台と櫃穴が桃山文化を感じられ、水墨画の様な線美は京透の真骨頂ともいえ、典型作である。 大きさ:(縦)8,2 […]

【鍔】無銘(太刀師)”折紙之図”

0791

無櫃であり、真鍮地に赤銅色上げを施した太刀鍔である。折紙図の毛彫りは深く強く、また石目地は比較的強調しておらず、漆黒の赤銅半太刀外装の手元を飾っていたのであろう。 また大振りであり、余程の太刀の手元を守る役割であったので […]

【鍔】(銘)野村正英(花押)”沢瀉図”

0785

鍔の最上位としてまた献上鍔として最高の格高い赤銅無垢地に魚子地を撒き散らした鍔は大名家の注文作品である事が多く、この作者である野村正英は蜂須賀家の御膝元である、阿波徳島住で秀五郎といい、野村正光の子で野村家の七代目である […]

【鍔】無銘(西垣)”桐図透”

0784

耳全体から鍔中心まで伸びやかな木の幹の丸みを帯びた鉄味の良いネットリとした透かしは樹木が持つ潤い感が表現されており、三つの堂々とした桐図は誇らしく堂々と雅であり、肥後西垣家流の美意識を表現しており、典型作であり代表作と云 […]

【鍔】無銘(庄内)”対鶴亀菱紋松竹図”

0779

身体健全、長命である事が人間最大の幸福であり、福寿極まりない図案の鍔である。竹の彫口は真っ直ぐと力強く、松の彫口は荒々しくも伸び乱れた若松葉が生命力溢れ、向かい合った鶴と亀の図は紋様のように象徴的であり、耳に施した繊細な […]