作成者別アーカイブ: info

【短刀】無銘(伝直江志津)

0748

0748-1

0748-2

0748-3

大志津(志津三郎兼氏)の弟子達、二代兼氏、兼友、兼次、兼信等が直江に居住した事から刀剣界では直江志津と呼ばれている。 出来は板目に杢交じった鍛えに地沸良く付き、刃紋は大小形の違う互の目乱れ、輝く沸と刃中の金筋、砂流し等、刃の出来は素晴らしく、一見して成程、直江志津の極めも肯定出来る。

付属の拵えも江戸肥後揃い金具を使用しており、目貫は赤銅玉龍を上品にさりげなく、全体的に雲龍図のコンセプトがとても名短刀にマッチしており、家宝の御守り刀としても価値の高い一品になるであろう。

長さ:八寸七分  元幅2,6cm  重ね0,45cm

附:特別保存刀剣鑑定書 無銘 伝直江志津、江戸肥後合口拵付

価格:85万円

【脇指】(銘)石州住出羽貞綱

0747

0747-2

0747-1

石州貞綱は、正宗十哲として有名な石州直綱の子として初代貞綱、名鑑によると後同名四代の存在を上げており、この作品は室町期に入っての作品で応永頃の三代乃至、四代作と鑑せられる。

この作品は非常に貴重な在銘作で、匂口よく締り、小沸が微塵に重なり、連なった互の目乱刃が焼幅広く健全で、身幅尋常で重ね厚く、地金板目良く詰み景色多く、非常に健全な保存状態が好まれる好資料である。

長さ:一尺  元幅3,0cm  重ね0,6cm

附:特別保存刀剣鑑定書、特別貴重刀剣鑑定書

銘:石州住出羽貞綱

価格:80万円

【笄】無銘(古金工)”藻に香魚図”

0746

0746-1

0746-2時代の上がる古笄で珍しく絵画的で描写良く、美濃系とも断定出来ず、古後藤系とも云えず、典型的な古金工の作品である。彫深く下がり、藻の隙間にて憩う、鮎の表現の鏨が荒々しくとても味があり、またウットリ技法では無く、古い色絵の技法であろうか、僅かに残った金地の味もとても良く、蕨手の特徴や通常より大きい笄地等、古金工の典型作として好時代資料である。

附:保存刀装具鑑定書 無銘 古金工

価格:12万円

【笄】無銘(加賀金工)”桜に帯図”

0745

0745-1

0745-2

極上の赤銅磨地が光沢があり、美しく、また図面にびっしりと敷き詰められた桜図と中央に帯図がとても品格高く美しく、時代のある黒漆塗鞘を飾るには十分な作品である。また添紋では無く、彫り込んだ丁寧な仕事も評価出来、上品である。

価格:8万円

【鍔】無銘(尾張)”境内夜景透”

0744

0744-1久し振りに良い尾張鍔と御縁賜ったので、御紹介させて頂きます。肉厚しっかりとしており、透かしの線が直線では無く、曲線帯びており、櫃穴としてのデザインの釣鐘は金山鍔のそれを連想するうような丸みを帯びており、鏨で表から、裏から透かした仕事が拝見でき、松図の線もそれであり、後の肥後金工大家、林又七に通じる丸みの味もあり、日本鍔金工歴史の元となった尾張派の作風が手に取るように感じる事が出来る名鍔である。また耳も出張っており、切羽台にかけて薄くなっているような造り込みも時代を表しており、様々な特徴が美点である。

大きさ:(縦)7,91cm(横)7,94cm(重ね)0,62cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 尾張

価格:30万円

【鍔】弘壽(花押)”風景図”

0743

0743-1正に水墨画を観るような水戸の作品らしい上品で洗練された一品である。時は幕末、水戸徳川家の御膝元にて発展した水戸金工派は時代の気風を取り入れ、また水戸学と云われる朱子学や国学等様々な分野を取り入れた学問で尊王攘夷思想の基盤となった学問であり、開国前の純日本文化を感じられる。 作者の打越弘壽は水戸金工を代表する大家で、仔細に鍔を鑑賞すると細かな細工が美しく、入念な作品である。

大きさ:(縦)6,79cm(横)6,23cm (重ね)0,5cm

価格:17万円

【目貫】割際端銘 光・美 ”鯛骨図” 売約済

0742

0742-1

何ともハイセンスで古来の日本文化の一端を覗かせる題材を刀装具の目貫として表現した、この作品の作者は、後藤宗家十五代で幕末の天才、後藤光美である。鯛中鯛という鯛の骨を縁起物として扱っていた文化を、このような作品として残し、後世に伝えた光美は本来の後藤家本来の家彫の技法を駆使し、自由な発想とその当時の世相を反映した作品を多く残し、金工作品愛好家に絶大な支持を得、現在でも名工として名高い巨匠である。

大きさ:(左図)約3,3cm (右図)約3,8cm

附:保存刀装具鑑定書

価格 ”売約” 致しました。 東京都 御人 有難う御座います。

【縁頭】弘義(花押)”桃太郎昔話”

0741

0741-1

0741-2

御爺さんは山へ芝刈りに、御婆さんは川へ洗濯へで、日本人であればすぐに童話、桃太郎を連想するであろう。作者の打越弘義は水戸金工を代表する名工、打越弘寿の門人で流石、一見してすぐに打越派の作品であると判断出来る作品。 とても上品な四分一地に極力装飾を控えた表現、江戸時代の美意識の集大成が多く存在した幕末の風を感じられる。 装飾性の高い柄巻を施し、秘蔵の愛刀を飾るには十分な縁頭である。

大きさ:(縁)縦3,8cm (頭)縦3,4cm

附:保存刀装具鑑定書

価格:13万円

【目貫】際端銘 平田・就将 

0740

0740-1

厚手でしっかりとしており、短刀合口拵に出し鮫着柄等で使用出来るであろう、家紋の目貫で、銘が平田就将とある。先代の名工、平田春就没後の天保年間に憤例により将軍家に拝謁して九代目の家督相続を許され、十人扶持の俸禄を支給される良工である。

大きさ:梶葉紋 3,37cm 菊紋3,38cm

附:保存刀装具鑑定書 際端銘 平田 就将

価格:10万円

【鍔】無銘(古刀匠)”堅垂角透図” 売約済

0739

0739-1

古刀匠の精鉄鍛錬の槌の音が聞こえてきそうな、ゴツゴツとした鍔で、鉄味も潤みがあり素晴らしく、味わい深い古刀匠の鍔である。 以前の所有者は櫃穴の形状を茶道具の懐紙の様であると表現したのを、粋な表現だなと感嘆したものである。 様々な日本の歴史の荒波を乗り越え、現代に古い文化を継承しているこの鍔の語り口は雄弁に聞こえ、様々な時代に思いを馳せる時間は刀装具を愛好する一番の楽しい時間であり、何物にも代えがたいものである。

大きさ:(縦)8,3cm(横)8,18cm(重ね)0,22cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 古刀匠

価格 ”売約” 致しました。 岐阜県 御人 いつも有難う御座います。