作成者別アーカイブ: info

【刀】肥前国住藤原忠広(初代)

0867syodai0867-10867-20867-3

江戸時代初期の日本刀文化を代表する名工と云える、新刀最上作である初代忠広の最晩年の作品である。初代忠吉は様々な銘文があり、慶長頃の初期作である”秀岸銘”や元和頃の”住人銘”、そして元和十年(寛永元年)に再び上洛した際に、武蔵大掾に任ぜられ、名を忠広と改めており、同時に藤原姓も賜った。

慶長元年、二十五歳の時、鍋島勝茂の命により埋忠明寿の許に入門し、慶長三年佐賀へ帰り、二十九歳になった慶長五年八月より作刀がみられ、寛永九年八月紀を最後として八月十五日に没するまで三十二年間、数多くの作品を残し、また多くの門人を輩出し、肥前刀という江戸期の日本刀文化に新しい分野を確立した開拓者である。

この作品は豪壮な中切先は焼返し深く、寛永頃の志津写しの相州伝を狙った作品は華やかであり、後の肥前刀の代名詞である米糠肌と呼ばれる地沸を美しく敷き詰めた独特な地金は潤いすら感じられ、時期的に最後の作品の一振りであろうか、銘文も太鏨で力強く、巨匠の最後を飾る作品として品格を感じられる。 付属の拵えも非常に豪華な造りである。

長さ:二尺三寸六分(71,4cm)元幅3,2cm 先幅2,2cm 重ね0,8cm

附:特別保存刀剣鑑定書 変塗鞘打刀拵付き

価格:320万円

【刀】津田近江守助直 貞亨三歳八月日

0866sukenao

0866-10866-20866-30866-4

江戸時代中期に華やかな作風を確立した巨匠、津田越前守助廣の作風を引き継ぎ、独特な作品を多く残した近江守助直の作品である。 助直は濤欄刃と直刃に名品が多く、この作品は焼幅広く、帽子も一枚帽子に迫る程、大きく焼き、直刃調の中に大互の目を規則正しく配置し、長足が全体に入り、詳しく観察すると直刃とも言い難い独特の刃紋で、小さな働きが多く、出来が良い。

長さ:二尺二寸六分 68,5cm 元幅3,3cm 先幅2,0cm 重ね0,8cm

附:特別保存刀剣鑑定書、黒呂漆塗鞘打刀拵付

価格:210万円

【刀】無銘(近景)”重要刀剣”

0865chikakage

0865-10865-20865-30865-4鎌倉時代の備前長船本流の近景と極められた刀である。この作品の一番の特徴は鮮明な備前写りが鮮やかに観てとれ、景光より少し沸付いた刃文は明るく冴え、人気が高い名工であり、これぞ備前伝の名刀の標本の様な作風で出来がよい。

付属の拵えは頭が水牛の角、縁に古金工、そして革巻柄と黒呂色の鞘で天正拵である。

長さ:64,0cm 元幅2,5cm 先幅1,7cm 重ね0,65cm

附:重要刀剣指定書、黒呂漆塗鞘天正拵付

価格:285万円

【刀】於大阪和泉守国貞作之

0864kunisada

0864-10864-20864-30864-4

新刀期を代表する名工であり、様々な作風を残し、技量の高さを伺える天才、和泉守国貞の二尺五寸にも及ぶ刀である。 この作品は普段の新刀期の姿や出来では無く、古作備前伝の太刀を狙った特別な作品である。

鑑定の見所である大阪焼出しはしっかりと表現されているが、物打ち辺りの直刃調の中に長足や、普段の作風に見られない入り組んだ小丁子と小互の目丁子が鎌倉時代の備前刀のそれであり、明るく純然と締った匂口の上に冴えた小沸が明るく、砂流しも見られ、数百年後の大慶直胤や水心子正秀の備前伝の写しの様に、古作への挑戦が垣間見れ、写し物を作らせてもここまでの技量を発揮している親国貞はやはり新刀期を代表する名工と云っても過言では無い。

長さ:二尺五寸強(75,7cm)元幅3,1cm 先幅2,1cm 重ね0,73cm

附:特別保存刀剣鑑定書 Tokubetsu Hozon certificated 白鞘入

価格:220万円

 

【大小鍔】無銘(京透)”文字透図”

0862

0862-1

文字透図のデザイン性、全体の肉付きのプロポーション、そして大小並べると迫力のある作品である。大名家の鎌倉時代の名刀を大小で腰に差し、登城用のタキシードの様な品格のある拵えにぴっったりであり、且つ、控えめであるデザインで武骨さと品格を表現出来る大小鍔である。

大きさ:大鍔 (縦)8,1cm(横)8,17cm(重ね)0,5cm

小鍔 (縦)7,02cm(横)7,08cm(重ね)0,47cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 京透  Hozon paper Mumei Kyosukashi

価格:20万円  Price: 200,000 JPY

【鍔】武州住壽 花押 ”桜花尽し透図”

0860

0860-1保存状態が頗る良く、今造ったような完全な状態の気持ちの良い鍔であり、左右の大きい桜が家紋の様なデザインで、その間に桜花弁が爛漫に咲き誇り、多少の金象嵌がまた控えめで上品であり、耳に施された唐草紋の金布目象嵌も綺麗に残り、状態がとても良く、美しい鍔である。また銘も縁起良く、壽一文字の銘もまた清々しく、腰を飾り手を保護する機能のある鍔にここまで美術性を込めた日本文化の洗練された美意識の高さは世界に誇れる歴史であり、これからの日本人にも伝えてゆきたい文化資料である。

大きさ:(縦)7,7cm(横)7,48cm(重ね)0,51cm

附:特別保存刀装具鑑定書 武州住壽花押 Tokubetsu Hozon paper Busyu Ju Kotobuki Kao

価格:18万円  Price: 180,000 JPY

 

【鍔】無銘(京透)”柴束透図”

0861

0861-1

これまた華やかな鍔で京透としては珍しいと云える図案であろうか。伸びやかに全面に広がる柴の枝葉一本一本が入念であり、生命力を感じられ、後の江戸時代に様々な透かし鍔の源流となった京透かしの歴史の起源も感じられ、また時代のある両櫃穴を埋めている細工も、この作品の華やかさを引き立てており、華やかで豪快な京透である。

大きさ:(縦)8,2cm(横)8,13cm(重ね)0,53cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 京透  Hozon paper Mumei Kyosukashi

価格:16万円  Price: 160,000 JPY

【鍔】無銘(京透)”格子越風景透図”

0859

0859-1

これまた京都らしい図案で格子から見える塔は京都店の近くでいえば法観寺の八坂の塔であり、また東寺の塔や京都には現存する多宝塔はいくつかあるが、その当時の室町末期の景色はどこから何を見ていたのであろう、その当時の時代に思いを馳せる事が出来る手に取れる美術品である刀装具は日々の喧騒を忘れる事の出来る美術品である。

大五郎のような雰囲気の鍔で時代が上がり、格子の線は一本一本味わい深く、格子の隙間から垣間見れる塔と雲がまた穏やかであり、笄櫃穴が少し肩が張る形状も大五郎の特徴ともいえ、都らしい図案の鍔である。

大きさ:(縦)8,4cm(横)8,39cm(重ね)0,5cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 京透  Hozon paper Mumei Kyosukashi

価格:16万円

【鍔】無銘(京透)”左右二階菱車透図”

0858

0858-1

気持ちの良い京透の典型作で切羽台縦に伸ばしたような形状で刀櫃穴大きく、左右に張らない切羽台の形状は時代の上がる京透である事を証明しており、線の美しさの究極の美として京透に及ぶものはなく、この作品はそれである。また厚さも0,6mmの厚さでまた時代の上がる特徴であり、肉を極端に排除した軽量な設計、地透かす事により表面積の拡大を図り、強度を上げる透かし鍔の技術もまた力学的に実証されており、この鍔は線の細さを耳の赤銅覆輪により補強されており、京透鍔の名鍔である。

大きさ:(縦)7,96cm(横)7,85cm(重ね)0,59cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 京透 Hozon paper Mumei Kyosukashi

価格:18万円  Price: 180,000 JPY

【鍔】無銘(甲冑師)”樹木透図”

0857

0857-1

0857-2

比較的太めの線や古雅な図案の表現、薄手ではあるが、地鉄のゴツゴツした感じにより、分厚さすら感じる姿に、土、鉄を感じる事が出来る雅味を感じられる甲冑師鍔である。大きさも十分で櫃穴を計算していない造り込みにより、時代が上がるように見え、武骨な野太刀の手元を飾っていたのであろう、貴重な文化財としての資料である。

大きさ:(縦)8,89cm(横)8,88cm(重ね)0,39cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 甲冑師 Hozon paper Mumei Kachushi

価格:20万円  Price: 200,000 JPY