作成者別アーカイブ: info

【鍔】(印銘)常重 ”孔明図”

0830

0830-1

一幅の絵画の様な作風が人気の常重作品であるが、いつの時代も愛好されている三国志諸葛亮孔明図は特に人気高い。 この作品はとても穏やかな孔明が読書を嗜み憩っている図は鑑賞する者の心落ち着かせ、日々の喧騒を忘れさせてくれる。

大きさ:(縦)7,5cm(横)6,73cm(重ね)0,54cm

附:保存刀装具鑑定書 印銘 常重 Hozon paper Tsuneshige

価格:14万円 Price: 140,000 JPY

【鍔】無銘(伝光忠)”蔓草図”

0829

0829-1

於多福木瓜形の独特な形状により、時代の漆が時代経過により部分的に表面に残り、より一層の深淵な美が創造されており、刀装具の美として格調高い。 桃山期は特に日本美術のルネッサンスとも云え、刀装具でもその時代の風を感じられ、後の大家、埋忠明壽に通じて花開いた。

大きさ:’(縦)7,73cm(横)7,35cm(重ね)0,3cm

附:特別保存刀装具鑑定書 無銘 伝光忠 Tokubetsu Hozon paper Den Mitsutada

価格:30万円 Price: 300,000 JPY

【鍔】無銘(鎌倉)”菊水小透図” 売約済

0827

0827-1

0827-2

薄型で特徴的な角形が時代を感じられ、古文化財としてもとても味わい深い作品である。彫口は至って柔らかく上品な図案をより一層高貴に表現し、小透かしがまた時代を感じられ味わい深い。また四方の角を切る事で、作品を一層引き締めており当時の美意識が奥深い。

大きさ:(縦)7,21cm(横)6,98cm(重ね)0,29cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 鎌倉 Hozon paper Mumei Kamakura

価格 ”売約” 致しました。 ポーランド 御人 有難う御座います。

【鍔】間 ”歯朶図”

08250825-1

特徴的な碁石形の丸鍔に生ぶ覆輪、そしてサハリ象嵌の手は完全に間の鍔の特徴であり、この作品はとても侘びており茶道具の様であり非常に奥深い、純日本美術である。 全体的に二本の太い枝から伸びる歯朶枝や葉は静かに力強く生命力を表し、また間のサハリ象嵌の場合、少し抜けた部分がまたより一層侘びた感じが強調されて、全く欠点とならず、変えって美術性を高める。

大きさ:(縦)7,04cm(横)7,0cm(重ね)0,5cm

附:保存刀装具鑑定書 間 Hozon paper Signed Hazama

価格:18万円 Price: 180,000 JPY

【鍔】無銘(埋忠)”四方猪目透夕立風景図”

0826

0826-1

形の特徴的な両櫃穴は時代を表し、全体の雰囲気から桃山文化を強く感じられ、上辺の雲図は片切彫りで静かな様を、雷鳴は金象嵌で幾何学模様のようで特徴的であり、木々が靡く様は細かく刻んだ地に金銀板を打ち付ける布目象嵌で他と違った景色を表現しており、細部にまで計算された美術性の高い作風は後の大家、光忠、明寿に通じるものがある。

大きさ:(縦)7,54cm(横)7,38cm(重ね)0,4cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 埋忠 Hozon paper Mumei Umetada

価格:18万円 Price: 180,000 JPY

【鍔】林(林又平)”霞桜花透図” 売約済

0824

0824-1

肥後金工は全体的に在銘作は非常に少なく、幕末の神吉派によって隠し鏨による代別の判断や楽寿の在銘作等、数は少ないが存在する。 勿論林初代の又七や二代重光等にも数点存在が確認されている。 この作品は五代又平の在銘作であり、またこの同図は神吉派にも存在し、林家伝統の図案とも云える。

大振りで堂々とした地鉄は黒くネットリと潤いがあり、桜花図も十文字に切った彫りがとても特徴的で力強く、力作である。

大きさ:(縦)7,58cm(横)7,45cm(重ね)0,49cm

附:特別保存刀装具鑑定書 林(又平)Tokubetsu Hozon paper Signed Hayashi (5th)

価格 ”売約” 致しました。 東京都 御人 いつも有難う御座います。

【鍔】無銘(後代甚吾)”龍図”

0823

0823-1

典型的な志水家の作風で、力強い爪は普段より大きく、龍図の金銀布目象嵌も状態良く、光の加減により龍図が浮き上がるように見えて、精鍛な鉄鎚目地が静かさを、龍図が激しさをしっかりと表現された良い作品である。

大きさ:(縦)7,5cm(横)7,1cm(重ね)0,42cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 後代甚吾 Hozon certification paper Mumei Jingo

価格:10万円 Price: 100,000 JPY

【鍔】遊洛斎赤文(花押)”布袋唐子図”

0822

0822-1

庄内金工を代表する名工、游洛斎赤文の鍔である。青年時代に江戸に出て、浜野家に学び、京都にも游学した。江戸で庄内藩酒井家の抱工となる。

ネットリとした鉄鎚目地はとても清閑で落ち着いており、布袋唐子図は鉄地に高彫で装飾を様々な素材を駆使して象嵌色絵を施して華やかに演出しており、一幅の絵画のようである。

大きさ:(縦)6,71cm(横)6,4cm(重ね)0,4cm

附:保存刀装具鑑定書 Hozon certification paper

価格:25万円 Price: 250,000 JPY

【鍔】八代甚五作 ”波濤唐草図” 売約済

0820

0820-1

さてこれまた非常に難しい鍔である。まず初二代を表す甚五在銘作品である事がとても貴重な上、山銅に波の図は初二代勘四郎のようであり、耳に施された細工はまた彦三や二代勘四郎の様である。兎に角非常に珍しく、珍品の一種であり、常に天才は我ら凡人の後世に疑問を残し考えさせられ、様々な議論が出来る作品である。

波濤図ではあるが、波はとても柔らかく、穏やかであり、耳の唐草もいにしえの古文化財の様な雅味があり、細川家の彦三や当社が以前所有していた彦三重要刀装具指定品の唐草にとても類似しており、肥後金工の祖と云われる彦三と初代勘四郎、初代甚五との何かしらの関係性を表す鍔なのであろうか、とても資料的価値の高く、議論の尽きない珍品である。

大きさ:(縦)7,8cm(横)7,22cm(重ね)0,5cm

附:保存刀装具鑑定書 八代甚五作 Hozon certificated

価格 ”売約” 致しました。 英国 御人 いつも有難う御座います。

【鍔】行年六十二才 高瀬栄壽(印銘)”野草舞蝶図”

0818

0818-1

かつての日本人は現代より少し心の余裕があり、花鳥風月を愛でたものであるが、水戸金工の名工 高瀬栄壽師も晩年になり、とても穏やかで落ち着いた作品が多い。

この鍔も時代を表す変わり形のキャンバスに新芽を金で生命力に溢れ、穏やかな石目地が清閑であり、画題の主役となる蝶には赤銅、金、素銅象嵌で華やかに表現しており、強弱のとれたとても穏やかで上品な作品である。

また銘文も高瀬栄壽工の歴史を現代に伝える文化財として資料的価値も高い。

大きさ:(縦)7,3cm(横)6,45cm(重ね)0,58cm

附:特別保存刀装具鑑定書 Tokubetsu Hozon certificated

価格:45万円   Price: 450,000 JPY