カテゴリー別アーカイブ: 取扱い商品

【刀】肥前国住藤原忠広(初代)

0867syodai

江戸時代初期の日本刀文化を代表する名工と云える、新刀最上作である初代忠広の最晩年の作品である。初代忠吉は様々な銘文があり、慶長頃の初期作である”秀岸銘”や元和頃の”住人銘”、そして元和十年(寛永元年)に再び上洛した際に、 […]

【刀】津田近江守助直 貞亨三歳八月日

0866sukenao

江戸時代中期に華やかな作風を確立した巨匠、津田越前守助廣の作風を引き継ぎ、独特な作品を多く残した近江守助直の作品である。 助直は濤欄刃と直刃に名品が多く、この作品は焼幅広く、帽子も一枚帽子に迫る程、大きく焼き、直刃調の中 […]

【刀】於大阪和泉守国貞作之

0864kunisada

新刀期を代表する名工であり、様々な作風を残し、技量の高さを伺える天才、和泉守国貞の二尺五寸にも及ぶ刀である。 この作品は普段の新刀期の姿や出来では無く、古作備前伝の太刀を狙った特別な作品である。 鑑定の見所である大阪焼出 […]

【大小鍔】無銘(京透)”文字透図”

0862

文字透図のデザイン性、全体の肉付きのプロポーション、そして大小並べると迫力のある作品である。大名家の鎌倉時代の名刀を大小で腰に差し、登城用のタキシードの様な品格のある拵えにぴっったりであり、且つ、控えめであるデザインで武 […]

【鍔】武州住壽 花押 ”桜花尽し透図”

0860

保存状態が頗る良く、今造ったような完全な状態の気持ちの良い鍔であり、左右の大きい桜が家紋の様なデザインで、その間に桜花弁が爛漫に咲き誇り、多少の金象嵌がまた控えめで上品であり、耳に施された唐草紋の金布目象嵌も綺麗に残り、 […]

【鍔】無銘(京透)”柴束透図”

0861

これまた華やかな鍔で京透としては珍しいと云える図案であろうか。伸びやかに全面に広がる柴の枝葉一本一本が入念であり、生命力を感じられ、後の江戸時代に様々な透かし鍔の源流となった京透かしの歴史の起源も感じられ、また時代のある […]

【鍔】無銘(京透)”左右二階菱車透図”

0858

気持ちの良い京透の典型作で切羽台縦に伸ばしたような形状で刀櫃穴大きく、左右に張らない切羽台の形状は時代の上がる京透である事を証明しており、線の美しさの究極の美として京透に及ぶものはなく、この作品はそれである。また厚さも0 […]

【鍔】無銘(甲冑師)”樹木透図”

0857

比較的太めの線や古雅な図案の表現、薄手ではあるが、地鉄のゴツゴツした感じにより、分厚さすら感じる姿に、土、鉄を感じる事が出来る雅味を感じられる甲冑師鍔である。大きさも十分で櫃穴を計算していない造り込みにより、時代が上がる […]

【鍔】長州萩住友富作 ”鉄線透鍔”

0856

幕末の長州鍔らしく武骨で力強く時代を表しており、鉄味も良く、鉄線花が漆黒の鉄地に水墨画の様に澄んだ黒を携え、幕末武士の雅さと芯の強さが表現されている。 河治友富は弥平次といい宝暦二年二月二十八日に家督を相続し、毛利家の藩 […]

【鍔】無銘(肥後)”霞桜花雁透”

0855

一見して肥後鍔であることが分かる程、典型的な図案、鉄味である。特に大鍔は堂々としており、中々大きい肥後鍔の存在感は素晴らしく、また小鍔の方は少し時代が上がるように感じられ、桜の毛彫りも鮮明に残っており、大名差しの肥後大小 […]