カテゴリー別アーカイブ: 売約済

【笄】無銘(古金工)”葡萄図” 売約済

0685

丁寧に山銅地金を掘り下げていき、表現したい図案を浮き上がるように表現する作業はとても手間がかかり、古風であり、また比較的状態良く残ったウットリ色絵がまた良く、図案も葡萄で古金工の掟通りであり、室町末期の古笄の標本となるよ […]

【鍔】無銘(赤坂)”枝菊透” 売約済

0683

繊細な曲線の美しさ、形よくスッキリした丸耳で全体を引き締め、技巧的では無く、超自然的な枝の曲がり具合等、忠実な描写と自然への畏敬の念さえ感じられる典型的な赤坂鍔である。 箱書きには三代名作とあるように中々の鍔である。 大 […]

【鍔】無銘(野村派)”駒曳猿図” 売約済

0680

日本美術工芸の粋であり、平和な時代であった江戸時代に装飾としての鍔の華を存分に発揮された極上の献上鍔である。 野村派は初代を後藤顕乗門にて学び江戸時代末期に至るまで作品を残している。献上鍔としてこれまでに無い程のボリュー […]

【鍔】鯉魚図鍔 無銘(甚吾)”売約済”

0679

得意の焼手腐らしがとても美しく、鉄鎚目地もゴツゴツして味わい深く、水草を頬張るふっくらとした頬、切羽台と鯉の顔の輪郭をハッキリと彫分け、毛彫りは力強く、さりげなく尾鰭や背鰭の銀布目象嵌がうっすらと浮かび上がり、全体的に非 […]

【鍔】無銘(法安)”古銭図” 売約済

0672

”大世通寶”は琉球王国において発行された銭貨の一つであり、当時の本島では物珍しかったのであろうか、寛永通宝や永楽通宝では無い点が面白い。 無銘法安と極まっており、手にずっしりと重く、ゴツゴツした鉄鎚目地の景色が光りの反射 […]

【小柄】奈良正次作(紋古後藤)”売約済”

669

時代の上がる後藤家作品を後代(江戸時代)に仕立て直す作品は後藤家の作風の一つであり、温故知新である。特に戦乱期の室町末期の作品は西洋文化が交じって来る前の純然日本美術であり、平和な江戸時代に絵画的表現方法や時代の風を交え […]

【鍔】無銘(埋忠)”竹図” 売約済

0661

桃山時代から江戸初期の刀装具文化を反映した鍔であり、金工最上位の埋忠明禱や光忠の作品のようであり、日本美術のルネッサンスとも云われる安土桃山文化を感じられ、とても貴重な作品である。大振りで堂々としており、鍔表面の味も素晴 […]

【鍔】無銘(赤坂)”菊花透” 売約済

0659

均整の取れたしっかりとした丸耳の中に、何とも赤坂らしい菊花の表現であり、線の強弱、切羽台の末広がり、とても小さい笄櫃穴、鉄味良く、保存状態も素晴らしく、何より日本美意識がしっかりと表れた作品であり、赤坂鍔として標本のよう […]

【鍔】無銘 ”白鷺図” ”売約済”

0658

刀装具の画題でよく見る日本の桃源郷とも云える原風景を表した図は、得てして極上極小の魚子地で高彫に様々な地金を使用し装飾しており、献上鍔の最高位として素晴らしい物である。 魔除けの桃がぷっくらと金色絵にて、生命力に溢れる葉 […]