カテゴリー別アーカイブ: 売約済

【目貫】割際端銘 光・美 ”鯛骨図” 売約済

0742

何ともハイセンスで古来の日本文化の一端を覗かせる題材を刀装具の目貫として表現した、この作品の作者は、後藤宗家十五代で幕末の天才、後藤光美である。鯛中鯛という鯛の骨を縁起物として扱っていた文化を、このような作品として残し、 […]

【鍔】無銘(古刀匠)”堅垂角透図” 売約済

0739

古刀匠の精鉄鍛錬の槌の音が聞こえてきそうな、ゴツゴツとした鍔で、鉄味も潤みがあり素晴らしく、味わい深い古刀匠の鍔である。 以前の所有者は櫃穴の形状を茶道具の懐紙の様であると表現したのを、粋な表現だなと感嘆したものである。 […]

【脇指】無銘(法華兼安)”売約済”

0732

典型的な南北朝体配で、身幅豪壮、帽子は延び、焼幅広く地刃共に大和気質が示されており、鑑賞高き古名刀である。法華兼安は備後国草戸住、一乗兼行の弟子であり、国分寺助国の孫弟子という。作刀短刀多く、刀は稀ともいえよう。 長さ: […]

【目貫】無銘 ”獅子牡丹図” 売約済

0729

牡丹と獅子というとても華やかな図案を大振りで堂々とした薄手の金地に彫り込んでいく作業は時代が上がる様に鑑せられ、獅子の毛並の一本一本を目貫の際まで丁寧に彫っており、後藤派の特徴を表しており、昭和の寒山先生は栄乗作と極めて […]

【目貫】無銘(加賀後藤)”弓矢図” 売約済

0727

腰高で厚みもあり、しっかりと堂々とした作品で、また矢の羽の彫口の繊細さは息を呑む程美しく、ルーペで見れば見る程、この作品の素晴らしさが良く分かる家彫りの作品である。 大きさ:(左図横)約3,8cm (右図横)約3,9cm […]

【鍔】無銘(京透)”数珠繋紋透” 売約済

0725

大振りで重ね厚く、鉄味の良い京透かしの名品である。 透かしの線の細さや曲線の繊細さが京透の独特な美意識であり、また見てとれる透かしの線は直線的に透かしたのでは無く、鏨で彫り込んだであろう技法は明らかに時代が上がる作業であ […]

【鍔】蓬莱 ”鶴亀透” 売約済

0724

赤坂に習った様な重ね厚く鉄味潤いがあり、大胆な透かしの構図に繊細な毛彫りで図案を表現し、また時代の上がる作品に学んだような特徴的な切羽台を造り込み、味わい深い作品の作者は歴史資料が余り残っておらず、鉄鍔愛好家の中では珍品 […]

【太刀】正真(千子)”売約済”

0722

村正一派として著名で平安城長吉が伊勢に来た時合作したと、和泉にても造ったとも云われている。 作品短刀多く、刀や太刀は希少と云えよう。 御太刀は堂々とした二尺四寸の長さで反り高く、生ぶ茎で二字銘、焼幅広く、匂口穏やかな直刃 […]

【脇指】出雲守藤原貞重 ”売約済”

0718

寸が延び先反り、江戸時代初期の慶長期の典型的な体配で、また片切刃は時代を表す姿であり、平造の差表には薙刀樋を掻き通して地金鮮明、杢目交じりの柾目がとても美しく、差裏の片切刃は草の倶利伽羅龍と梵字を上品に彫り、越前下坂貞重 […]