カテゴリー別アーカイブ: 売約済

【小柄】無銘(西垣)”九曜紋二双図” 売約済

0888

一見、ごく普通の小柄のように見えるが、赤銅魚子地で裏地の仕立ても、どこか江戸風というか、肥後金工としては珍品と云ってもいいような雰囲気の作品である。 一般的な地板を作成し、それをはめ込んで縁で締めるといった技法では無く、 […]

【目貫】無銘(後藤)”這龍図” 売約済

0886

刀装具中、龍図が一番一般的且つ、人気が高いが、この作品も必ずといって良い程、一点は必要である。 出来れば古名短刀の拵え製作の為に、出し鮫着せの黒呂塗合口拵えの目貫として、いや、大名拵えを作成の際、いやほぼ全ての拵えに合う […]

【小柄】無銘(古後藤)”蟹図” 売約済

0885

刀装具愛好家であれば、古後藤の蟹図の一つや二つは所有しているものである。また鎌倉古名刀の拵えに装着する時にも必要であり、いつの時代も人気である。 また近年では葛飾北斎の波の研究が進んでいるようだが、こちらは遥かに古く、硬 […]

【鍔】(銘)鳥府住友鶴 ”桜流水図” 売約済

0878

幕末らしい美術性の高い作品で、鉄地の板鍔にごく控えめな鏨を入れ、その強弱により流水の起伏を表現した様は幕末らしく、また水に流れる桜の花弁を金で表現し、華やかではあるが、どこか寂しく、桜が散った際の日本人の心情を表したよう […]

【鍔】(銘)埋忠宗武 ”霞松樹透” 売約済

0877

これまた大振りな鍔でデザインもとても日本的であり、良く手入れされた盆栽を眺めているような、はたまた、どこかでこの風景を見た事があるような、いや、どこかの美術館、博物館で見た屏風や襖絵のような。。 全ての日本人に美しいと思 […]

【鍔】無銘(尾張)”投桐透” 売約済

0874

どうしても時代の上がる透かし鍔で重ねの厚いしっかりとした作品を買ってしまう傾向があるのだが、この作品も堂々としており、尾張らしい典型鍔といえよう。 ぷっくりとした蕾の丸みは福福しく、透かしの線が直線ではなく、丸みを帯びた […]