カテゴリー別アーカイブ: 売約済

【鍔】無銘(甲冑師)”八幡梵字透” 売約済

0854

これまた甲冑師鍔の中でも意匠が面白く、大振りで薄手の特徴ながら、左右地透での梵字の表現等、とても繊細且つ、絵画的であり、上下の八幡の文字もとても味があり、どのような太刀に装着されていたのか、また鍔単体として大事に保存され […]

【鍔】無銘(鎌倉)”紋散透鍔” 売約済

0853

とても薄手でゴツゴツとした鉄鎚目地の質感や細い透かしの線、鉄骨のように見られる地肌の隆起の模様等、古鍔として味わい深く、また鉄味が良い鎌倉鍔である。竹の葉や木瓜紋が鉄の隆起でうっすらと表現されている部分等、時代の下がる鍔 […]

【鍔】無銘(古金工)”紋散図” 売約済

0848

古い野太刀に装着していたであろう質素で大人しいが、時代経過による表面の漆の剥がれ具合や、後の彦三等の肥後鍔に通じるような、落ち着いた素銅地の色合いが味わいとても深く、また見た目より手に取ると感じられる重厚感もやはり長尺な […]

【短刀】三笠秀明 藤田佩 ”売約済”

0840mikasa

所謂、三笠刀と呼ばれる作品で作者は堀井秀明刀匠、彫物は”皇国興廃在此一戦”とあり、刃文直刃で地鉄の肌美しく、戦艦三笠の余鉄を以て作刀された、今となっては非常に貴重で、歴史ファンのみならず、海外にも愛好家が多い。 更に貴重 […]

【鍔】無銘(刀匠)”鉈に円透図” 売約済

0836

これまた鉄鎚目地を存分に楽しめ、味わえる一品である薄手でかなr大振りなしっかりとした刀匠鍔である。 光の加減で所々朱がかった錆色が全体的にあり、また同じように均等に黒く澄んだ鉄味を含むカ所もあり、透かしの際は時代を表す丸 […]

【鍔】無銘(間)”花桐図” 売約済

0833

非常に綺麗な碁石形に生ぶ覆輪でサハリ象嵌という独自の技法を施して、独特の美を創作した間派の名品である。 桐花が独特の配置で家紋鍔のような上品さと高貴さがキチンと表現されており、武骨でありながら、腹心には常に誇りと美意識を […]

【鍔】林(林又平)”霞桜花透図” 売約済

0824

肥後金工は全体的に在銘作は非常に少なく、幕末の神吉派によって隠し鏨による代別の判断や楽寿の在銘作等、数は少ないが存在する。 勿論林初代の又七や二代重光等にも数点存在が確認されている。 この作品は五代又平の在銘作であり、ま […]