カテゴリー別アーカイブ: 売約済

【鍔】八代甚五作 ”波濤唐草図” 売約済

0820

さてこれまた非常に難しい鍔である。まず初二代を表す甚五在銘作品である事がとても貴重な上、山銅に波の図は初二代勘四郎のようであり、耳に施された細工はまた彦三や二代勘四郎の様である。兎に角非常に珍しく、珍品の一種であり、常に […]

【鍔】無銘(古赤坂)”花透図” 売約済

0811

実際に手にとると光によって刀の地形のようにネットリと輝く地鉄の錆色とても良く、櫃穴の線の細さや形、切羽台の少しスリムで先尖りぎみの形等、古赤坂の特徴が表れており、また雄蕊の丸くぷっくりと膨らんだ様はとても上品で柔らかく、 […]

【鍔】亀眼 ”波濤透図” 売約済

0810

何とも江戸情緒感じられる鍔で、武州伊藤派とは少し違い、日本画でも人気の高い図案を鉄鍔に落し込んだ作品である。入り交う波濤は躍動感があり、荒々しく豪快に描かれた水墨画の様で、形、配置良く、波飛沫を金玉象嵌で全体に表現し、全 […]

【鍔】無銘(神吉)”桜川透” 売約済

0798

典型的な肥後林家流の図案に絵画的な桜図と繊細な毛彫で表現しており、また水面の表現として使用している均整の取れた線が特に細く美しく、日本美意識が美しく上品に表現されており、肥後金工としてやはり奥深い美意識である。 大きさ: […]

【鍔】(銘)忠重作 ”時雨亭図” 売約済

0793

赤坂鍔の代表的図案、いや透かし鍔を代表する有名画題といってよい程の、本歌の時雨亭図は秘蔵の一品として申し分ない作品である。初代忠正が考案したこの時雨亭図は、京を流れる桂川の上流小倉山に鎌倉時代の歌人藤原定家が好んで滞在し […]