カテゴリー別アーカイブ: 名品ご紹介

【名品紹介】金龍斎秀国 ”干網落雁図”

0691

江戸時代末期には日本美術の集大成として様々な分野にて名工が多く輩出されており、中でも超絶技巧の美術品である、幕末の金工作品は現在では海外で熱狂的な人気があり、投機の対象として非常に高価で取引されているのが現状である。 中 […]

【鍔】和泉守与四郎 小池直正

648

  大振りで堂々としており、掟通りの平安城象嵌と呼ばれる手法で桐蔦を表現し、桐紋を色の違った、銀、素銅で据えており、豪華かつ大胆な作品である。 小池直正のこの技法は唯一無二で、与四郎象嵌と呼称される作風を開拓し […]

【脇差】無銘(古備前)

0592

一般的に疲れやすいとされる、物打ち、切先であるが、この作品のその部分はとても健全であり、焼幅高く、足、葉、等の働き十分であり、古備前正恒の乱刃傑作刀を見るが如くの素晴らしい作品である。 長さ:59,4cm 元幅 2,9c […]