カテゴリー別アーカイブ: 装具

【小柄】無銘(佐野)”玩具散図”

0797

令和の現代ではほぼ馴染みが無くなってしまったであろう、昔の子供の玩具である。特に江戸時代当時の文化を今に伝える文化財として興味深く、特にこの作品は出来が素晴らしく、漆黒の赤銅魚子地がとてもきめ細かく美しく、玩具の一つ一つ […]

【二所物】(銘)松雨斎元親(花押)”放童田舎家図”

0786

日本人が誰しも心に持っている原風景はいつの時代も変わらず、現代では忘れかけている風景なのかもしれない。 川沿いの田舎家に裏には立派な松木がとても品格があり、貧しいながらも豊かな心を持った図なのであろう、また小柄の家畜と戯 […]

【縁頭】無銘(西垣)”鶴図”

0768

こういった作品を拝見するとやはり肥後金工は他の金工とは全く違ったと云える美意識が感じ取れる。そもそも刀装具とは刀剣を華やかに飾る金具 刀剣所有者の位の高さを表す金具、武士の表道具をそれ相応の作品で飾る といったような定義 […]

【小柄】(銘)峩山斎英隆 ”龍図”

0766

とても華やかな作品が多い水戸金工の中でも珍しく鉄地に真鍮象嵌で表現したこの作品を仔細に観ると素晴らしい仕事に圧倒される。 板地となった鉄地の味の良さもさることながら、一度鉄地を掘り下げ龍図を浮かび上がらせて、後に真鍮色絵 […]

【小柄】無銘 ”双龍図”

0764

双龍図も添紋では無く、赤銅地を丹念に彫り込んでいる点や魚子地の時代感、そしてかなりの経過したであろう時代も表面に付着しており、古後藤派か古金工と思われる室町末期と見て良い小柄である。 漆黒の作品にキラリと光る眼光にのみ金 […]

【小柄】(銘)覚乗 ”野晒図”

0763

どんなに富や地位、権力を造り上げても皆平等に行きつく先はシャレコウベ  常に刀剣を腰に差し、自分の為では無く、国家の為、忠義の為に生きた時代は我国の誇らしい歴史であり、生きる事と死ぬ事を現代の我々よりも遥かに高い次元で理 […]

【小柄】無銘 ”牡丹図”

0762

幕末金工作であろうか、如何にも装飾性に富んだ作品で、金、銀、素銅、珊瑚、翡翠玉を象嵌しており、当時の富裕層である豪商の注文品であろうか。菱格子形の赤銅地に様々な象嵌を施し、相当華やかな外装の鯉口を華やかにするであろう。 […]