【脇指】近江守法成寺橘正弘

0719

初代法成寺正弘の寛文頃の傑作で長曽弥虎徹の傑作と何一つ遜色のない出来であり、身幅尋常、焼幅高く、小互の目交じりの直刃は足頻りに入り匂口明るく、沸美しく刃縁全体に輝き鑑賞厚き名刀である。 長さ:一尺七寸四分半 元幅3,29 […]

【鍔】無銘 ”波濤に雲龍図” 売約済

0714

金に彩られた龍図の腰高く、とても力強い作品である。また打ち寄せる波の飛沫を金で装飾しており華やかな作品である。 大きさ:(縦)8,5cm(横)8,22cm(重ね)0,4cm 価格 ”売約” 致しました。 米国 御人 有難 […]

【鍔】無銘(古赤坂)”桐透図”

0713

古雅な雰囲気で典型的であり、耳の鉄骨も良く現れており、古赤坂でも名鍔と云えるであろう。この様な作品を手本とし、後の江戸時代初期の肥後金工大家達が独自の桐図を表現した多くの名品は大名道具として日本の刀剣、刀装具文化を発展さ […]

【鍔】無銘(古赤坂)”梅樹透図” 売約済

0712

古赤坂としてはとても変わり形をしており、重ねもタップリ取ってある作品である。透かしの線を見ても直線的な透かしでは無く、何処か丸みを帯びた透かしは鏨で丁寧に彫ったであろう、手仕事を感じられ、また時代も良く表現されており、古 […]

【御礼】2017 大刀剣市

img399

今年も大盛況の内、幕を閉じた大刀剣市で、初日は約1200人の御来場者が見え、熱心な愛好家様が目当ての作品を見つけて値段交渉をしていた現場での熱気と緊張感は素晴らしいもので御座いました。 当社では若い世代の方が拵えを作りた […]

【縁頭】桑老斎利政 ”鉄拐仙人図”

0708

図で一番著名なのが、奈良派乗意の作品であるが、乗意の鉄拐仙人は魂を浮遊させたのち元の体に戻ろうとすると体は始末されており、そこにあった乞食の亡骸に入って生き返るという図を表現しているが、こちらの江川利政の作品は魂を七日間 […]

【縁頭】無銘 ”祇園社頭図”

0706

京都店の近所にある八坂神社の御縁の御蔭であろうか、度々本ページで祇園社頭図の作品は多く御紹介させて頂いておりますが、この作品も鳥居、人物である賊と源忠盛の表現が素晴らしく、赤銅魚子地に様々な図案が腰高く、素銅、銀、金、赤 […]