【鍔】林(林又平)”霞桜花透図” 売約済

0824

肥後金工は全体的に在銘作は非常に少なく、幕末の神吉派によって隠し鏨による代別の判断や楽寿の在銘作等、数は少ないが存在する。 勿論林初代の又七や二代重光等にも数点存在が確認されている。 この作品は五代又平の在銘作であり、ま […]

【鍔】無銘(後代甚吾)”龍図”

0823

典型的な志水家の作風で、力強い爪は普段より大きく、龍図の金銀布目象嵌も状態良く、光の加減により龍図が浮き上がるように見えて、精鍛な鉄鎚目地が静かさを、龍図が激しさをしっかりと表現された良い作品である。 大きさ:(縦)7, […]

【小柄】無銘(古後藤)”竹に瓢箪図”

0816

久し振りに気持ちの良い古後藤作品で、金袋着せ 所謂ウットリがはっきりと勉強になり、少し時代で剥がれた様が尚、良く、とても厚みのある金を被せているのが見てとれる。また全体的に図案が賑やかで華やかであり、笄直しではあるが、小 […]

【鍔】無銘(林重光)”四方蕨手透”

0812

これまた写真では御伝え出来ない程の鉄味の深さ、肥後林家から神吉にかけてこういった力作は存在し、愛好家も多い。 一見単純そうに見える鉄鍔は多く存在するが、名工として古来より誉高い理由は細部の意匠と仕事の良さであり、この作品 […]