【名品紹介】金龍斎秀国 ”干網落雁図”

0691

江戸時代末期には日本美術の集大成として様々な分野にて名工が多く輩出されており、中でも超絶技巧の美術品である、幕末の金工作品は現在では海外で熱狂的な人気があり、投機の対象として非常に高価で取引されているのが現状である。 中 […]

【刀】播磨守藤原輝広作

0690

福島正則と共に芸州へ渡り、その後一派を成した播磨守輝広の作品で、寛文頃の三代晩年か、四代若年の作品である。 刃文匂口明るく締り、美しく輝く小沸が微塵に付き、特に杢目交じりの地景を交えた純然たる地金は黒く澄んでいてネットリ […]

【刀】備中国水田住大与五国重

0689

江戸時代当時より、相州伝、荒沸出来の豪快な作風がとても人気がある、備中国水田国重一派の代表工であり、出来の良さから当時、銘を消されて正宗や郷義弘として悪用される程の沸の力強さと明るさ、地景や地沸が美しく、その反面現存して […]

【脇指】肥前国住人忠吉作

0686

新刀最上作にて最上大業物として古来より有名で江戸時代初期より肥前刀の名を高からしめた頭領の初代忠吉の珍しい寸延び短刀である。 慶長期の秀岸銘五字忠吉では桃山時代を表した豪壮且つ華やかな作品が多く、慶長末期から元和期には様 […]

【笄】無銘(古金工)”葡萄図” 売約済

0685

丁寧に山銅地金を掘り下げていき、表現したい図案を浮き上がるように表現する作業はとても手間がかかり、古風であり、また比較的状態良く残ったウットリ色絵がまた良く、図案も葡萄で古金工の掟通りであり、室町末期の古笄の標本となるよ […]

【鍔】無銘(正阿弥)”市女笠透”

0684

中々に堂々とした大作で、この鍔を装着する刀剣は如何にも豪壮な一振りであったであろう、正阿弥と極まった状態の良い美しい鍔である。 網代で編まれた傘はとても立体的で、紐の表現もとても丁寧な仕事であり、見れば見る程、出来の良い […]

【鍔】無銘(赤坂)”枝菊透” 売約済

0683

繊細な曲線の美しさ、形よくスッキリした丸耳で全体を引き締め、技巧的では無く、超自然的な枝の曲がり具合等、忠実な描写と自然への畏敬の念さえ感じられる典型的な赤坂鍔である。 箱書きには三代名作とあるように中々の鍔である。 大 […]

【鍔】無銘 ”双竜図”

0681

打ち寄せる波の力強さと繊細さ、立ち昇る雲から出る咆哮した龍、細部に亘り妥協なき仕事の施し、そして赤銅を透かすという贅沢な作品で、また時代も表しており、上級武士の表差しの腰を飾りまた身分の高さを鍔で表す当時の文化も象徴して […]

【鍔】無銘(野村派)”駒曳猿図” 売約済

0680

日本美術工芸の粋であり、平和な時代であった江戸時代に装飾としての鍔の華を存分に発揮された極上の献上鍔である。 野村派は初代を後藤顕乗門にて学び江戸時代末期に至るまで作品を残している。献上鍔としてこれまでに無い程のボリュー […]