【鍔】無銘(伝平田)”左右州浜透”

0895

平な鍔な為、写真撮影が難しくこの作品の美しさの半分も御伝え出来ないですが、とても味わい深い鍔である。古金工のそれとはまた違い、肥後の美意識は自然ではあるが、完璧に計算されつくした設計と仕事ぶりであり、素晴らしい 特徴的な […]

【鍔】無銘(大野)”松皮菱紋透”

0894

やはり大野鍔の醍醐味である、この圧巻の厚みが特徴である。 金山鍔や尾張鍔に通じ、独特な武骨なゴツゴツとした味わいや金山程、強くない鉄骨の隆起、手に持った際の重量感など、特徴が良く表れている作品である。 上品な京透や赤坂鍔 […]

【鍔】無銘(刀匠)”素紋図”

0892

一見ただの板鍔に見えるが、古鍔愛好家の間では、刀匠、甲冑師は特別な価値観を備えており、この作品は鉄地の槌目地が良く表れており、特徴である薄手の造り込みではあるが、手にずっしりと重量を感じ、また小柄櫃穴も時代が上がる特徴の […]

【名品紹介】大隅国住平正景 加治木島津家伝来品 ”重要刀剣”

0891

加治木島津家の島津久徳公の注文により作刀し、当家から筆頭家老の調所家に伝来し、日刀保の旧会長、山中貞則先生の愛刀として現在に伝わり、当社で保管している刀剣である。 重要刀剣に指定された三振りの内、他の二振りは鹿児島県の黎 […]

【小柄】無銘(西垣)”九曜紋二双図” 売約済

0888

一見、ごく普通の小柄のように見えるが、赤銅魚子地で裏地の仕立ても、どこか江戸風というか、肥後金工としては珍品と云ってもいいような雰囲気の作品である。 一般的な地板を作成し、それをはめ込んで縁で締めるといった技法では無く、 […]

【目貫】無銘(後藤)”這龍図” 売約済

0886

刀装具中、龍図が一番一般的且つ、人気が高いが、この作品も必ずといって良い程、一点は必要である。 出来れば古名短刀の拵え製作の為に、出し鮫着せの黒呂塗合口拵えの目貫として、いや、大名拵えを作成の際、いやほぼ全ての拵えに合う […]

【小柄】無銘(古後藤)”蟹図” 売約済

0885

刀装具愛好家であれば、古後藤の蟹図の一つや二つは所有しているものである。また鎌倉古名刀の拵えに装着する時にも必要であり、いつの時代も人気である。 また近年では葛飾北斎の波の研究が進んでいるようだが、こちらは遥かに古く、硬 […]